単品通販の売り方

ネット通販の定期購入機能についてのサイト

単品通販を売るためのネット広告

単品通販を売るためのネット広告 通販を業態別でみると専業通販と兼業通販に分けられます。
専業通販は、通信販売や通信教育のみをやっているかそれを主業務としているタイプです。
比率はほぼ半々ですが、専業通販がわずかに増加傾向にあります。
ただ近年では通販のみではなく、直販店舗を展開したりコンビニチャネルを通じて通販商品を販売するなど、ほかの販売方法と組み合わせたマルチチャネル化が進行し、専業・兼業という分類がなくなりつつあります。
最近では専業か兼業かという分け方ではなく、総合通販か単品通販かに分けられるケースが増えている所です。
総合通販は家電・アパレル・食品・リビング用品など幅の広い商品を扱う通販のことで、単品通販というのは青汁なら青汁だけというように、ある一つの商品だけを扱う通販のことです。
総合通販にはカタログが欠かせないものですが、カタログでの売り上げは年々減少してきていて、その一方でネット広告での売り上げは年々上昇してきています。
単品通販でも同じことが言えるのです。

単品通販のリスティングで重要なことは何か

単品通販のリスティングで重要なことは何か 単品通販で最も重要となるのがリスティング広告ということが出来ます。
そしてリスティング広告のポイントはキーワードの設定といっても過言ではないでしょう。
大別すると指名系、見込み、潜在キーワードがあり、これらをしっかりと考えて決めることが大切です。
まず単品通販で大切なキーワードで、指名系は商品の名前なので、分かりやすいモノ、インパクトがあるモノ、出来れば一目で効果が分かるモノが有効と言えます。
さらに見込キーワードというのはどんな人にお勧めの商品かを知ってもらう為の言葉です。
例を挙げると販売する商品が化粧品ならどんな肌質の人向けの商品かをアピールします。
最後に潜在キーワードというのは、広告を配信することでその商品の必要性を感じ取ってくれる言葉を使用することがポイントです。
つまり購買意欲を誘う、悩みを解消する為の言葉ということが出来ます。
例えば化粧品なら乾燥肌対策とか化粧のノリを良くするといった言葉がよく使用されていると言えます。

 

Copyright (c) 2018 単品通販の売り方. All rights reserved.